任意整理とは一体どのようなものなのか

借り入れたお金を返すことができず、借金苦で悩んでいる人は現代の日本社会には少なからず存在しています。
キャッシングやローンサービスなどが比較的容易に利用できるようなになったことや、単身世帯の増加、ライフスタイルの多様化など、様々な要因が複雑に絡み合って、多重債務者や借金問題を抱える人を生み出していると考えられ、日本社会が抱える大きな問題の一つと考えても差し支えはないでしょう。

そのため、多重債務や借金問題で生活に困窮している人を合法的に救済する手段というのが確立されており、各々の状況に応じて適切な手続きを行うことで、負債額を減額したりなくしたりすることが可能となっています。

借金問題を合法的に減免する手段として、現代最も用いられている方法が任意整理という手続きとなります。
一体任意整理とはどのようなものなのでしょうか。

任意整理とは、司法書士などの専門家が債権者と返済の方法や返済額について交渉を行い、現実的に返済が可能な条件で交渉を行い合意させる手続きのことをいいます。

債務整理の他の代表的なものとしては、個人再生や自己破産といった手続きが存在しており、これらは裁判所に負債の減免を申請して、裁判所に認めてもらうことで負債を清算する手段となります。

一方の任意整理とは、裁判所を通さずに、交渉によって負債額を減らすという点に大きな特徴があります。
裁判所を通さないため、準備が比較的容易である点や、住宅や自動車といった資産を保有したまま、負債の減額を行えるという点にメリットがあるのです。