任意整理に二回目・二度目でもできる?

一度任意整理を行ったにもかかわらず、再度借金が返済できなくなってしまったときには、二度目の任意整理を行うのではなく、別の債務整理の方法も検討する必要が出てきます。

一度任意整理を行ったものの、借金を返済できず二度目の手続きを考えたときには、返済するだけの余力が残っていないことを表わしています。
この場合、二回目の手続きを行ったとしても、結局返済することができず、さらなる借金を抱えてしまうことになります。
これでは、いつまでたっても借金に悩まされることになりますので、二回目を考えたときには自己破産などの別の方法で債務整理を行ってみるとよいでしょう。

自己破産では、抱えている借金を免責してもらうことができますので、その後借金が溜まってしまい悩みを感じることもなくなってくるのです。
返済についての悩みを感じることなく、将来に向けて建設的に人生を歩んでいくことができますので、人生をやり直したいときにも最適となってくるでしょう。

ただし、二度目の手続きを考えているということは、お金の使い方にも問題がある可能性が高くなってきます。
任意整理については、弁護士に依頼して手続きを行う方がほとんどになるのですが、計画的な返済計画を練ったとしても、それを実行できないという事実が存在していますので、二回目の手続きを行うと同時に、浪費しないように気を付ける等今後のお金の使い方について充分に考えておく必要も出てくるのです。