任意整理と借金の消滅時効

さて、あなたが金融機関や消費者金融などからお金を借り入れた際、おそらく必ず毎月の支払いを必ず行わなければいけないのは、その借金の契約の際に理解をしていることでしょう。しかし、中には人生設計のプランなどが変わり、当初は払えると考えていた金額の支払いが上手に回らなくなるという事態は、大変によくあることでしょう。
そしてもしあなたが、これ以上の支払いは無理だと考えた際などには、任意整理という形で、弁護士などを間に立てて債権者と直接交渉することにより、その債務の負担を軽くすることが出来るのです。そして任意整理などを適切に行うことをすれば、今まで支払っていた弁済額を減額し、より軽い負担でその月々の額を返済していくことが可能となります。この任意整理はその多くが弁護士や司法書士を間に立てて行い、金融機関などと交渉をすることがほとんどのケースでしょう。
そしてもう一つ、これらの金融機関から借り入れた借金には、消滅時効というものが存在するのはご存知でしょうか。この消滅時効と言うのは、お金を貸した金融機関がその権利を行使しない一定の期間が経過してしまえば、その借金事態の権利が消えてしまうという法律制度の一つです。そしてこの時効が成立すれば、そこにはり借金の契約が消滅して無くなるということになります。そしてこの時効が来た際は、すなわちお金を借りた人が返済をする義務も時効とともに消滅したということが言えることでしょう。