任意整理はギャンブルの借金でも可能?

任意整理の前のギャンブルには注意してください。任意整理というものは、自己破産と同じです。つまりは自分の借金をチャラにしてもらって、その分、財産の差し押さえなどをするという手段になります。そのためには、やむを得ぬ選択肢であるという前提で動いています。任意整理というものは、元々債権者の債権保護のために作られた法律です。そのため、債務者があまりの暴挙に走った場合は保護されないというルールがあります。それは例えばギャンブルです。任意整理の前のギャンブルには注意が必要だというのは、任意整理前に多額の交遊費用を使っていると、任意整理を行えない可能性が出てくるのです。その一番の決め手はギャンブルです。ギャンブルほど簡単にはまる交遊費用はありません。そして、注意して欲しいのは、過度のギャンブルに陥った人には、ペナルティーとして任意整理ができなくなるということです。ギャンブルには注意してください。お金を整理するというのは大変なことです。今まで借りていたお金が一斉になくなり、今まで溜めてきた資本や家具などが一斉に分配されるのですから、かなり重要度の高いものとなっています。そうした重要度の高いものの前にパチンコなどを行っているというのは、それだけで無神経だと思われますし、それ以前に整理を行う資格がないと見られてしまいます。借金の内、数割近くがそうした費用となってしまうと、無駄に資産を消費したとして、ペナルティーが入ります。