任意整理は無職・学生でも可能?

学生でも借り入れができる「学生ローン」は、お金に困ったときには便利で頼りになる存在です。
その一方で、さまざまな理由から返済が滞り、債務額が増えて困ってしまう学生も多いです。そのほとんどは、家族や友人に相談することもできず、一人で悩みを抱え込んで、最悪の事態まで追い込まれる方もいます。
あまり多額になってしまう前に、債務整理を考えましょう。

インターネットなどで調べても、無職であり、「任意整理」できないと考えて、相談しなかったケースもあります。
確かに、弁護士に依頼しなければならない時点で、学生が足を踏み入れるような場所でないと感じるかもしれません。
実は、無職の学生であっても、任意整理はできるのです。
学生からの依頼であっても、弁護士はきちんと検討してくれるので安心してください。
また、任意整理であれば、無職であっても、アルバイトなどで毎月収入が得られる状況であれば、依頼を受けてもらえるでしょう。

任意整理は裁判所を通さずに行われるため、家族にも知られずに債務整理を行うことができます。
任意整理を行うにあたって、自宅に書類などが送付されるのが困る場合は、弁護士に相談しておきましょう。

奨学金が返済できないケースでは、日本学生支援機構の返済に関する措置に適応される場合があります。
病気や怪我、災害、経済困難など、やむを得ない場合に限られ、条件は厳しいですが、あたってみる価値はあるでしょう。
場合によっては、返還免除が適応されるかもしれません。