任意整理後のクレジットカードの説明

借金を抱えた人が一番多く行っている債務整理が、任意整理です。
任意整理は、他の債務整理に比べてデメリットが少ない敷居の低い方法です。
多額の借金を抱えた人でも、任意整理を行えば容易に借金を返済する事が出来ます。
任意整理のメリットは、裁判所を通さない債務整理だという事です。
その為、官報に掲載される事もありませんから、他人に知られる事はありません。
また、任意整理を司法書士や弁護士に依頼した時点で、債権者は債務者に直接取り立てが出来なくなります。
取り立てに悩んでいた人にとっては、精神的な大きなメリットです。
債権者とのやり取りも、依頼した司法書士や弁護士が行ってくれますから安心です。
他の債務整理のように、資格が制限される事もありませんから今まで通りの生活を送る事が出来ます。
また任意整理をする事によって返済しやすい金額に借金を変える事が出来ますし将来的にも利息がカットされます。
今まで支払っていた過払い金を取り戻す事も出来ます。
しかし、任意整理を行うとブラックリストと呼ばれる個人信用情報に5年から7年程度記録されてしまいます。
その為、クレジットカードを作る事が出来なくなります。
また、今まで使っていたクレジットカードの利用も出来なくなってしまいます。
クレジットカードを利用出来ないのは、少し不便ですが借金の取り立てが無くなる事や借金が、返済しやすい金額になる事を考えればメリットの方が大きいといえます。