任意整理にデメリットはある?任意整理のメリット追求サイト

任意整理

 

任意整理は、裁判所等の公的機関を通さずに行う債務整理の方法です。利息制限法に基づいて引き直し計算を行い、返済額を新たに決定した上で将来利息をカットして3年間で完済するという内容です。以降の返済は全て元本に充てられるので、通常よりも負担を大きく減らす事が出来ます。

 

任意整理は、債務整理の中で最も多くの人が選択している方法です。任意という名前が示している様に、自由度が高いという事がメリットとなっています。全ての借金を対象とする必要がないので、一部をあえて残すという方法も可能です。例えば、自動車のローンを残して貸金業者のカードローンだけを減らすというやり方も出来ます。つまり、自動車を手放すことなく、任意整理の手続きを進められるという事になります。

 

ただし、任意整理はメリットだけがあるというわけではなく、他の債務整理同様にデメリットも生じるという事を認識しておく必要があります。デメリットの具体的な内容は、金融業者の多くが加盟している信用情報機関に記録されてしまうという事です。つまり、ブラックリストに載ってしまうという事であり、記録が削除されるまでは新規借り入れは出来なくなります。

 

任意整理によるデメリットは、他の債務整理と比較すると軽めです。自己破産の場合は、最長で10年間記録されてしまいますが、任意整理は5年程度で削除されるケースがあります。借金を完全にゼロにする事は出来ませんが、デメリットが軽いという事もメリットと言えます。

 

 

任意整理を申請するに当たって発生するメリットとデメリットがありますが、まずメリットはその他の債務整理の手続きと比較すると楽に行う事ができる点です。
個人再生や自己破産などの手続きをする場合ですと、裁判所に申請を行う事になりますが、任意整理の場合ですと裁判所を通さずに行う事ができます。
債権者と直接交渉する手続きになりますので、幾分気軽に行う事ができる手続きと言えます。
手続きをする事によって将来の利息を免除してもらう事ができたり、返済期間を延ばしてもらう事ができるのもメリットです。
その為、実質の返済金額が減ったり、期間に余裕を持って返済を行えるようになります。
場合によっては過払い金が発生している可能性がありますので、過払い金請求によって返還が発生する可能性もあります。
任意整理のデメリットですが、その他の債務整理同様にブラックリストに載る事になります。
ブラックリスト入りしてしまった時には借金をしたり、クレジットカードを作れなくなりますので、住宅ローンなどを組む事はできません。
因みに約5年という期間を過ぎればブラックリストからも除外してもらう事ができます。
デメリットは他にも任意整理の手続きに応じてもらえない可能性がある事です。
任意整理の手続きを通す為には債権者と相談する必要がありますが、債権者が了承してくれなければ成立しません。
そして中には応じてくれない債権者も存在しますので、根本的に手続きが不可能というケースもあるのです。

 

任意整理とデメリット

 

借金を整理する債務整理をおこなうと、デメリットが大きいと思う人も多いのではないでしょうか。
しかし債務整理の一つである任意整理なら、デメリットはほとんどありません。
唯一と言えるデメリットは、信用情報機関に載るために7年ほど新たな借り入れができないぐらいです。
新たな借り入れができないと、キャッシングなどの借金だけではなく、クレジットカードや住宅ローンを申し込みしても利用することはできません。
このデメリットは、大きいと考える人もいるでしょう。
しかし任意整理のメリットを知れば、信用情報機関に載ることなどデメリットと感じることはありません。
任意整理のメリットは、デメリットがほとんどないの借金を整理できることにあるのです。
任意整理のメリットをもっと具体的に紹介すると、まず手続きを始めた段階で催促がストップします。
そして任意整理の手続きを進めることで、将来の利息を全て無利息、または低利にすることができます。
ですから、手続きが全て終わって返済をするときには、これまでよりも少ない返済金額になるのです。
また手続きを進めていくと、利息制限法に基づき引き直し計算をするために、債務が減る可能性もあります。
このメリットがあることで、さらに返済額は減るでしょう。
他にも任意整理には、家族や会社にも知られずに債務整理できるメリットもあります。
ここまであげた任意整理のメリットを考えると、デメリットは全くないと言っても過言ではありません。

 

 

債務整理2回目の方は、こちら

リンクX1_top1